化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年7月6日(水)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

ベクター・コンサルティング㈱ 代表取締役社長 浪江一公 氏
 ※ 日本工業大学大学院 技術経営研究科 専任教授
 
 【専門】技術経営、テクノロジーマネジメント、事業戦略・マーケティング

 【略歴・活動など】
  ・北海道大学工学部、米国コーネル大学経営学大学院(MBA)卒
  ・大手電機メーカー、アーサー・D・リトル(ジャパン)㈱、等を経て、
  現在ベクター・コンサルティング㈱ 代表取締役社長
  ・技術マネジメントおよび経営に関するコンサルティングにおいて
  20年以上の経験を有す。
  ・日本工業大学大学院技術経営研究科専任教授を兼任。

定 員

 30名

受講対象・レベル

 ・研究開発部門企画管理者・担当者
 ・実際に製品開発・研究開発に携わる管理者・担当者
 ・新規事業企画・経営企画管理者・担当者 の皆様 など

趣 旨

 ステージゲート法は1980年半ばにカナダで開発され、現在では欧米では広く利用されている研究開発・製品開発テーマ・マネジメントのグローバルスタンダードとなっています。北米では製造業の7割が同手法を使っていると言われています。革新的企業として有名な3M等も活用しています。
 日本ではステージゲート法の利用は数百社に止まっていますが、富士フイルムなど有力企業で活用されています。企業規模を問わず、適性なマネジメントをすることで極めて有効に機能する方法論です。
 本来のステージゲート法は、単にテーマのマネジメントを効率的に行なうだけでなく、革新的な製品や技術を継続的に生み出すことを目的としています。この点は既に導入している企業においても十分に理解されていない点です。本セミナーではステージゲート法の本来的な意味を紹介し、その後それらを踏まえた実際の各ゲートでの評価項目、ゲートでの議論の方法、その他運用法および体制についての議論を行います。またステージゲート法で重要なアイデア創出ステージについても、アイデア創出のための構造的な仕組みに目を向け、紹介をします。

プログラム

1.ステージゲート法とは
 (1)ステージゲート法とは
 (2)ステージゲート法の背景と歴史 

2.なぜ今ステージゲート法なのか?
 (1)21世紀の日本の産業界の現実 
 (2)日本企業が行く道  
 (3)革新的製品・事業・技術創出には
 (4)ステージゲート法の狙い

3.ステージゲート法の誤解
 (1)経営者の意思決定の『代替』
 (2)進捗管理の手法
 (3)デザインレビューの一部
 (4)不確実性の高い初期段階には役に立たない
 (5)長期的に魅力あるテーマを殺す

4.不確実性への対応としてのステージゲート法の10の工夫
 (1)不確実性を低減する
   工夫1:積極的市場との対話
   工夫2:フロントローディング
   工夫3:英知を集める
 (2)不確実性を所与とする
   工夫4:多産多死
   工夫5:投資を段階的に増やす
   工夫6:評価の段階的精緻化
   工夫7:初期には迷ったら前に進める  
 (3)不確実性に起因する判断の誤りを所与とする
   工夫8:中止になっても継続の自由を与える
   工夫9:中止テーマに別予算を与える
   工夫10:中止になっても金庫に保存

5.ステージゲート法の成功事例
  富士フイルムの例

6.ステージゲート法の全体像
 (1)骨太のフレームワークを踏まえ具体的な活動にまで翻訳
 (2)ステージとゲートの関係
 (3)ステージゲート法の種類

7.ゲートの運営:ゲートの役割と評価項目
 (1)ゲートの役割
 (2)ゲートにおける評価項目の全体像
 (3)評価項目I:「プロジェクトの進捗度」
 (4)評価項目II:「プロジェクトの魅力度」に関する評価項目例
  (★:この部分は評価項目別に詳細に議論)
 (5)各ゲート別評価項目(例)
 (6)評価項目III:「今後の施策・計画」
 (7)「戦略」の構成要素

8.ゲートの運営:その他の運営
 (1)誰が評価するか
 (2)評価のタイミングは?
 (3)誰が成果物を作るか
 (4)プロセスマネジャー
 (5)議論のステップ(準備およびゲート会議の進め方)

9.ステージの活動
 (1)成果物の作り方
 (2)情報源・情報収集法

10.次世代のステージゲート法

11.研究開発担当者の抵抗への対処法

12.最後に

【質疑応答・名刺交換】