化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~引張り強度/くし通り/なめらかさ/ハリコシ/ツヤ/まとまりやすさ・・・の評価方法とは~
毛髪の構造と特性をふまえた製品開発のポイントを解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年5月30日(月)13:00~16:00
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

化粧品薬事コンサルタント/今村行政書士事務所所長 今村彰啓 氏

【ご専門】
 化粧品薬事・開発コンサルティング
【ご略歴】
 ・東京理科大学工学部工業化学科卒業
 ・早稲田大学大学院商学研究科修了(MBA経営管理修士)
 ・㈱コーセー勤務(化粧品の研究開発、商品企画、商品開発を担当)、日本ロレアル㈱勤務(化粧品の品質管理、生産技術、総括製造販売責任者を担当)、㈱ディーエイチシー勤務(化粧品の研究開発を担当)を経る。
 ・現在は化粧品薬事コンサルタント、今村行政書士事務所所長、東京都行政書士会豊島支部副支部長、東京SGGクラブ役員(来日外国人への観光案内)
 ・主な著作:ラグジュアリー時計ブランドのマネジメント(共訳、角川学芸出版、2015年)

定 員

 30名

趣 旨

 毛髪は皮膚の付属器官であり、特殊な構造、特性を持っています。また、様々な要因によってダメージを受けやすく、その修復は困難です。本セミナーでは、これらの背景を基に、毛髪のケア、ヘアケア製品開発のポイント、製品評価法について概説します。ヘアケア製品の研究者にとって、ヘアケア製品開発のための一助になれば幸いです。

プログラム

 1.毛髪の構造と特性
  1)毛髪の構造
   ・キューティクル
   ・コルテックス
   ・メデュラ
  2)毛髪の特性
  3)毛髪の損傷とその原因
   ・物理的要因…洗髪、ブラッシング、熱
   ・環境的要因…紫外線、乾燥、塩素
   ・化学的要因…パーマ、カラー

 2.毛髪のケア
  1)損傷の改善
  2)毛髪ケア成分の解説
   ・カチオン活性剤
   ・カチオンポリマー
   ・シリコン
   ・その他

 3.ヘアケア製品の開発のポイント
  1)シャンプー
  2)リンス
  3)ヘアトリートメント
  4)洗い流さないヘアトリートメント
  5)ヘアオイル

 4.製品の評価法
  1)引張り強度
  2)くし通り
  3)なめらかさ(平滑性)
  4)ハリコシ
  5)ツヤ
  6)まとまりやすさ(静電気防止)

 5.質疑応答