化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

原料や添加剤の種類,特徴,選択方法を分かりやすく説明し,劣化要因,安定化方法や高機能化技術についても解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年5月27日(金)10:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

積水化学工業㈱ 武蔵工場 耐火材料製造部 耐火材料開発課 ウレタングループ長 博士(工学)
 村山 智 氏

<ご専門>ポリウレタン,高分子化学,コンピューターシミュレーション
<学協会>高分子学会
<ご略歴>1993年より日本ポリウレタン工業(現東ソー)、2015年より現職。

定 員

 30名

習得できる知識

 ・ポリウレタンの合成反応、製造方法
 ・ポリウレタンの原料と選択の方法
 ・ポリウレタンの応用技術

趣 旨

 ポリウレタンの基礎から応用までを詳しく解説します。これからポリウレタンを使う方,更に深く知りたい方,個別のお悩みを抱えている方など,幅広いニーズに対応する講座です。
 また,原料や添加剤の種類,特徴,選択方法を分かりやすく説明し,ポリウレタンの劣化要因,安定化方法や高機能化技術についても解説します。

プログラム

1.ポリウレタンの基本
  1-1.ポリウレタンの定義
    1-1-1.ポリウレタンとは
    1-1-2.他のポリマーとの違い
  1-2.ポリウレタンの利用

2.ポリウレタンの原料
  2-1.イソシアネート類
    2-1-1.TDI
    2-1-2.MDI
    2-1-3.HDI
    2-1-4.その他のイソシアネート類
    2-1-5.ブロックイソシアネート類
  2-2.長鎖ポリオール類
    2-2-1.エーテル系ポリオール
    2-2-2.エステル系ポリオール
    2-2-3.ポリカーボネート系ポリオール
  2-3.硬化剤
  2-4.その他の原料・添加剤
    2-4-1.触媒
    2-4-2.各種添加剤

3.ポリウレタンの応用
  3-1.エラストマー
  3-2.フォーム
  3-3.塗料・接着剤
  3-4.その他

4.ポリウレタンの分子構造
  4-1.ハードセグメントとソフトセグメント
  4-2.相分離構造
  4-3.分子構造の解析
  4-4.分子構造の制御

5.ポリウレタンの製造法
  5-1.ワンショット法
  5-2.プレポリマー法
  5-3.製造法による分子構造の違い

6.ポリウレタンの劣化と安定化
  6-1.劣化要因
    6-1-1.光・熱による劣化
    6-1-2.加水分解
  6-2.原料の選択による安定化
  6-3.添加剤による安定化

7.ポリウレタンの高機能化
  7-1.力学的物性の高機能化、光学性能、環境対応など
(7は、当日参加者のご要望に応じて変更します)