化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ 均相系撹拌に関する基礎から、装置スケールアップの考え方を分かりやすく解説します。

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年6月21日(火)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 教授 工学博士 上ノ山周 氏

【ご専門】 ミキシング工学、流体工学、レオロジー
【ご活躍】
 化学工学会 粒子・流体プロセス部会 元部会長、前監事
 化学工学会 粒子・流体プロセス部会 ミキシング技術分科会 元会長、現幹事
 化学工学会 前関東支部長、元理事
 日本海水学会 理事(元研究担当、現編集委員会委員長) 

定 員

 30名

受講対象・レベル

 製造業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方。
 特に化学工学を専門に学んで来られなかった方。

必要な予備知識

 微積分の基礎的知識

習得できる知識

 撹拌槽における装置設計ならびに操作条件の決定に関する基礎的な項目を解説します。

趣 旨

 均相系撹拌に関する基礎的な項目から、装置スケールアップの考え方までを分かりやすく解説します。理解を深める目的で簡単な演習も行います。また撹拌槽における流動・混合・分散状態に関する諸現象の可視化手法(数値流動解析(CFD)や電気抵抗方式トモグラフィ計測法(ERT))とその適用事例についても紹介します。

プログラム

1. 均相撹拌における基礎理論
 1-1.撹拌・混合操作の基礎事項
  (1) 撹拌の目的
  (2) 撹拌装置の概略
  (3) 撹拌にまつわる無次元数
 1-2.撹拌翼の形状と流動状態
  (1) 小型翼
  (2) 大型翼ならびに大型特殊翼
  (3) 撹拌Re数と流動状態
  (4) 流動状態の可視化例
 1-3.撹拌所要動力
  (1) 流動特性指数
  (2) 完全邪魔板条件
  (3) 動力数
  (4) 永田らの式
  (5) 最高撹拌所要動力
 1-4.混合状態とその定量的評価法
  (1) 対流混合と拡散混合   
  (2) 分離の強度と分離のスケール
  (3) 混合度           
  (4) 混合時間と混合速度
  (5) 混合時間の測定法   
   (6) 混合時間の推算
 1-5.撹拌槽伝熱
  (1) 均相系での伝熱操作ならびに伝熱特性
  (2) 乱流状態における熱伝達係数の無次元相関式
  (3) 層流状態における熱伝達係数の無次元相関式

2. 均相系撹拌・混合におけるスケールアップ
 2-1.撹拌・混合におけるスケールアップの基本的考え方
  (1) 各種スケールアップ基準
 2-2.非ニュートン流体の取り扱い
  (1) 非ニュートン流体のレオロジー特性
  (2) メッツナー・オットーの手法(その1)擬塑性流体
  (3) メッツナー・オットーの手法(その2)降伏応力流体

3. 簡単な演習と質疑応答

4. ミキシング装置における可視化事例

 【質疑応答・名刺交換】