化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ PC実習付 ※1人1台PCを用意しております ~
座学と個別実習で学ぶ! 流れ、伝熱、拡散の数値計算のコツ! 受講者には講師著書「流れの数値計算と可視化 第3版」を配布します!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年6月6日(月)10:30~16:30
       会  場:大阪産業創造館 5F パソコン実習室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:59,400円(税込、昼食・資料付)

講 師

岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 教授 博士(工学) 平野博之 氏

<ご専門>
化学工学

<学協会>
化学工学会,日本機械学会,日本応用数理学会,日本流体力学会

<ご略歴>
九州大学 大学院 総合理工学研究科 博士課程修了
九州大学 機能物質科学研究所 助手
岡山理科大学 工学部 応用化学科 講師,助教授,准教授を経て現職

定 員

 24名

受講対象・レベル

 ・熱と流れの基礎について学びたい方
 ・数値計算の基礎を学びたい方
 ・熱流体と数値計算の理論の両方を学びたい方
 ・CAEソフトを使いこなすための準備を効率よく行いたい方

習得できる知識

 ・熱と流れの基礎理論をマスターします。
 ・数値計算の基礎理論をマスターします。
 ・計算プログラム例を用いて計算を実行します。
 ・ソフトウエアを用いて数値計算の結果を可視化します。

趣 旨

 流れ,伝熱,拡散は,それぞれを運動量の移動,エネルギーの移動,物質の移動というようにとらえ,統一的に扱うことができます.こうした考え方は移動現象論とよばれます.いまや工業製品等の開発に有力なツールとなったCAEですが,これを使いこなすには,移動現象論に加えて数値計算の基礎についても学んでおく必要があります.しかしながら,現実として,CAE利用の準備のためには,学ばなければいけない量が膨大で,時間が足りないというのが実情だと思います.そこで本講座では,こうした準備においての最小限の知識を,テキスト(平野博之 著「流れの数値計算と可視化 第3版」丸善,2011)を用いることで,最大限の効率で修得することを趣旨とします.

▼演習内容▼
 座学の時間と個別演習の時間を設けます.
 座学では理論の基礎について説明します.
 個別実習では,まず,サンプルプログラムを実行させる計算実習を行います.そして,得られた結果を市販のソフトウエアを用いて可視化させる実習を行います.
 本講座では,テキスト(平野博之 著「流れの数値計算と可視化 第3版」丸善,2011)を配布させていただきますので,本講座終了後も,ご自身でフォローしていただけます.なお,このテキストには,具体的な数値計算プログラム例のソースコードと,市販の可視化ソフトの試用版のダウンロード権が含まれています.
 

プログラム

【座学】:CAEで計算をするための基礎を学びます
1.基礎式の理解:現象を理解するために必要な事項を学びます

  1-1.移動現象の基礎:流れ,伝熱,拡散という現象を統一的に扱う考え方を学びます
  1-2.連続の式:連続体とは何か?どのような式で表されるのかについて学びます
  1-3.運動方程式:流れはどのような式で表されるのかについて学びます
  1-4.エネルギー方程式:温度分布はどのような式で表されるのかについて学びます
  1-5.拡散方程式:濃度分布はどのような式で表されるのかについて学びます

2.数値計算の理解:条件設定するために必要な事項を学びます
  2-1.無次元化:次元とは何か?現象を整理するとはどういうことか?を学びます
  2-2.離散化:なぜパソコンで計算できるのかについて学びます
  2-3.流れ場の数値解法:流れを含む現象を数値計算する考え方を学びます
  2-4.線形システムの数値解法:数値計算で必要な連立一次方程式の解法を学びます

【個別実習】:CAEで計算を実行させて後処理して可視化する体験をします
1.数値計算プログラムの実行:サンプルプログラムを用いて実行させます

2.可視化:市販製品体験版で計算結果を視覚的に理解できるようにします