化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2016年3月9日(水)10:30~16:00
       会  場:ドーンセンター 4F 大会議室3  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込) ※ 昼食、資料付き
       定  員:30名

講 師

■ 第1部:㈱イノックス 機能性フィルム開発担当 井上智晴

■ 第2部:ナイテック工業㈱主席技師 藤井憲太郎

■ 第3部:㈱ミノグループ 大和工場 取締役専務 永瀬和郎
 

プログラム

● 第1部:プラスチック加飾に向けた高機能フィルムの開発

【10:30-12:00】

 自動車や携帯電話などの製品には、プラスチック部品が使われている。これらの部品の加飾方法として塗装やフィルムインサートなどがあり、本セミナーでは主にフィルムを用いた加飾について紹介をする。加飾基材としてのハードコートフィルムと表面に機能性を付与したフィルムについて解説する。特に機能性を付与したフィルムに関しては、近年注目を集めている反射防止機能を有するモスアイフィルムについてナノインプリントの基礎から量産についても解説する。
 
1.㈱イノックスの紹介
 1-1.機能性フィルム事業展開体制

2.プラスチック加飾の概要
 2-1.プラスチック加飾工法
 2-2.工法比較
 2-3.フィルムを用いた加飾

3.ハードコートフィルム
 3-1.IML向けハードコート
 3-2.IMD向けハードコート

4.機能性付与フィルム
 4-1.防指紋フィルム
 4-2.反射防止フィルム
 4-3.反射防止フィルムの種類
 4-4.反射防止のメカニズム
 4-5.モスアイフィルム
 4-6.ナノインプリントとは
 4-7.ナノインプリントの量産化
 4-8.大面積金型
 4-9.Roll to Roll工法

5.まとめ

 【質疑応答・名刺交換】


● 第2部:印刷フィルムによる成形品への加飾技術とCMFデザイン

【12:45-14:15】

・お客さまの求める製品を理解し、最良のCMF・Technologyを選び、カスタマイズすること ・3次曲面を持った成形品への加飾法は多くなく限られている。 ・3次曲面を持った成形品への加飾の一方法としての転写・IMD・IMFの紹介 ・印刷された加飾フィルムを用いることで成型品に、さまざまなデザインを持った加飾を施すことができまた、表面に機能性を持たせることも可能である。

【習得できる知識】
・ 表面加飾技術分類しその特徴を理解する
・ 印刷された加飾フィルム・機能フィルムによる3次元成形品へのデザインの付与及び機能付与のバリエーションについて。

1.CMF について

2.表面加飾技術分類 (直接印刷・間接印刷)

3.印刷を用いた加飾フィルムによる成形品への加飾と機能性付与

4.転写箔について
 4-1.基本構成
 4-2.転写箔のメリット
 4-3.加工方法 (転写機のバリエーション)

5.転写箔に組み込める 意匠・機能

6.成形同時転写 (Nissha-IMD)

7.ターンキーシステム

8.IMDの展開・応用

9. Material ConneXionの紹介

  【質疑応答・名刺交換】


● 第3部:三次元加飾 (FIM工法) の特性と今後の展望

【14:30-16:00】

  印刷等で加飾されたフィルムをフォーミングし、これに樹脂を一体成型させることによって、デザインの自由度の高い加飾成形品を作るFIM(Film Insert Molding)工法の紹介をします。さらに、本工法の延長線として導電性の層をラミネートや印刷により加えることで、新しいカーエレクトロニクス部品の提案も可能となります。

1.フィルムインサートモールディング(FIM工法)の紹介

2.フィルムインサートモールディング(FIM工法)の要素の紹介

3.フィルムインサートモールディング(FIM工法)の実例の紹介

4.フィルムインサートモールディング(FIM工法)の将来的な展開の検討

  【質疑応答・名刺交換】


スケジュール

10:30-12:00
 (第1部 講義、質疑応答含む)
12:00-12:45
 (昼食)
12:45-14:15
 (第2部 講義、質疑応答含む)
14:15-14:30
 (昼食)
14:30-16:00
 (第3部 講義、質疑応答含む)