化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 生物学的病態に始まり患者の病態を全人的に理解したうえで、治療のアンメットニーズを整理し提案いたします ~
〇 既存薬でどこまで治るのか?
〇 既存薬で今だ治らない病型・症状とは?
〇 薬物治療戦略の落とし穴とは?

R&D支援センターセミナーのご案内

       開催日時:2019年7月12日(金)13:00~16:00
       会  場:ドーンセンター 4F 中会議室3  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)
            お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 皮膚科主任部長
  片岡 葉子 氏

【専 門】
 皮膚科

【学会活動等】
・ 日本皮膚科学会(専門医)(代議員) 
・ 日本アレルギー学会(専門医・指導医)(代議員) 
・ 日本心身医学会(専門医)
・ 日本皮膚免疫アレルギー学会(理事)
・ 日本皮膚科心身医学会(理事)
・ アトピー性皮膚炎治療研究会(事務局長)

定 員

 30名

趣 旨

 アトピー性皮膚炎は乳児から成人まで全人口の約1割前後にみられる疾患であるが、重症化すると患者・家族・社会にとって大きな負担となる。本症は治りにくい疾患とされ、様々な新規薬剤の開発が進んでいる。
 しかし、本症の病態は複雑で、なぜ治りにくいのかを深く理解することが求められる。
 演者は数多くの重症患者を診療する中で、アトピー性皮膚炎診療の現状には数多くの落とし穴があり、その解決によって治療効果が相当改善することを見出してきた。生物学的病態に始まり患者の病態を全人的に理解したうえで、治療のアンメットニーズを整理し提案する。

プログラム

 1.はじめに
  1-1 アトピー性皮膚炎はなぜ重要か?
  1-2 疫学
  1-3 アトピー性皮膚炎治療の意義・目的

 2.アトピー性皮膚炎の診断
  2-1 日本皮膚科学会の定義
  2-2 診断基準
  2-3 鑑別すべき疾患
  2-4 臨床症状
  2-5 合併症
  2-6 血液検査の意義
  2-7 皮膚テストの方法と意義
   2-7-1 プリックテスト・皮内テスト
   2-7-2 パッチテスト

 3.アトピー性皮膚炎の病態
  3-1 Ⅰ型アレルギー? Ⅳ型アレルギー?
  3-2 遺伝的因子
   3-2-1 遺伝子変異と生体の機能変化
  3-3 皮膚のバリア機能障害
  3-4 神経免疫学的因子
  3-5 免疫学的機序
   3-5-1 自然免疫系
   3-5-2 獲得免疫系
  3-6 細菌の関与
  3-7 全体をとらえると
  3-8 難治例の病態

 4.アトピー性皮膚炎の治療
  4-1 治療の3本柱
  4-2 スキンケア
  4-3 悪化因子の対策
  4-4 薬物治療
   4-4-1 外用薬
    - ステロイド外用薬
    - タクロリムス外用薬
   4-4-2 全身投与薬
    - 抗ヒスタミン薬
    - 免疫抑制薬
    - 生物学的製剤
  4-5 紫外線治療

 5.病態に基づく新規治療薬と現在の開発状況

 6.なぜアトピー性皮膚炎は治りにくいのか?
  6-1 病態理解の落とし穴
  6-2 皮膚炎症・病勢把握の落とし穴
  6-3 薬物治療戦略の落とし穴
  6-4 アドヒアランスの落とし穴
  6-5 慢性疾患治療の落とし穴
   6-5-1 ライフサイクルとアトピー性皮膚炎の経過
   6-5-2 疾病の経過修正を意識した治療介入

 7.症状および治療効果の評価指標
  7-1 自覚症状
  7-2 他覚症状
  7-3 QOL
  7-4 Long-term control

 8.アトピー性皮膚炎治療のアンメットニーズ
  8-1 戦略的な薬物治療の重要性
  8-2 既存薬でここまで治る
  8-3 既存薬、改善の余地
  8-4 既存薬で治らない病型・症状

 【質疑応答・名刺交換】