化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ エポキシ樹脂の反応、硬化剤、硬化促進剤 ~
☆ 一般的に利用されるエポキシ樹脂について概観し、その特徴を整理する。特にエポキシ樹脂硬化反応の反応機構と、硬化剤、硬化促進剤について解説します!

R&D支援センターセミナーのご案内

       開催日時:2019年6月28日(金)13:00~16:00
       会  場:新宿文化センター 4F 第1会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)
            お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 大阪工業大学 工学部 応用化学科 准教授  下村 修 氏

【ご専門】
 高分子合成

定 員

 30名

受講対象・レベル

 エポキシ樹脂に関わる業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方

必要な予備知識

 特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします

習得できる知識

 エポキシ樹脂硬化メカニズムと硬化剤の基礎が習得できる。また、潜在性硬化剤の考え方が理解できる。

趣 旨

 エポキシ樹脂は接着剤や塗料などに利用され、電子機器、土木・建築分野、自動車の分野など幅広く利用されている。その中で、一般的に利用されるエポキシ樹脂について概観し、その特徴を整理する。特にエポキシ樹脂硬化反応の反応機構と、硬化剤、硬化促進剤について解説する。さらに近年、エポキシ系接着剤に対する高度化が要求されている一液性硬化剤である潜在性硬化剤についても述べる。

プログラム

1. エポキシ樹脂について
 1-1 ビスフェノールA型エポキシ樹脂
 1-2 ビスフェノールF型エポキシ樹脂
 1-3 その他のグリシジルエーテル型エポキシ樹脂
 1-4 脂環式エポキシ樹脂
 1-5 その他のエポキシ樹脂

2. エポキシ樹脂の反応
 2-1 エポキシ基の反応性
 2-2 求核試薬との反応
 2-3 求電子試薬との反応

3. エポキシ樹脂の硬化剤、硬化促進剤
 3-1 アミン、ポリアミン
 3-2 イミダゾール
 3-3 酸無水物
 3-4 ポリフェノール
 3-5 潜在性硬化剤について

【質疑応答・名刺交換】