化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 潜在ニーズの見極め/開発コンセプト設定/調査方法・解析/事業性評価など ~
「統計データを使用した調査のやり方」と「要求仕様書を作成」をPCを用いた演習を行います!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2019年5月22日(水)13:00~16:00
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 ㈱メディカルラボパートナーズ 代表取締役  清水 美雪 氏

《ご専門》
 医療機器開発、医療業界におけるニーズ探索、マーケティング、
 プラスチック加工・表面改質、血液・細胞治療、高齢者医療

《ご略歴》
 1998年4月 テルモ㈱ 研究開発部門に入社 
 2005年10月 東京大学医学部附属病院 腎疾患総合医療センターに出向
 2006年10月 テルモ㈱ 研究開発部門に異動
 2013年3月 多摩大学大学院 経営情報学部 卒業
 2015年9月 テルモ㈱ 退社
 2015年10月 ㈱メディカルラボパートナーズ 代表取締役

《ご活動等》
 AMED 医療機器開発支援ネットワーク 伴走コンサルタント
 医工連携コーディネータ協議会 コーディネータ
 国立国際医療研究センター 医工連携室 客員研究員
 その他、埼玉県、大阪商工会議所、福島県、千葉県、神奈川県、山口県、三重県、中小機構 専門家
 特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構 Robizyアドバイザー

定 員

 30名

趣 旨

 「医療機器を開発したけど、売れない!!」
この様な状況に陥らない様、開発に着手する前に、市場規模、売上予測を行うことで、リスクを低減できます。
 本セミナーでは、医療機器が使われる病院や医療業界のしくみを理解すると共に、マーケティングの手法、マーケティング結果の開発への生かし方について、演習を通じて学んでいきます。
 これから医療機器開発に参入する方、医療機器の新規開発のご担当者、マーケティング担当者の方は、是非ご参加ください。

プログラム

 1.医療業界のしくみ
  1-1 医療機器産業と医療業界の方向性
  1-2 医療従事者とは
  1-3 日本の病院の区分と特徴

 2.市場ニーズの見きわめ
  2-1 本当のニーズを知る
  2-2 開発コンセプトの設定

 3.マーケティングの手法
  3-1 マーケティングのステップ
  3-2 調査の方法
   【演習1】統計データを使用して調査を行います。
  3-3 事業性評価
  3-4 医療業界でのビジネスモデル

 4.マーケティングの結果を開発に生かす
  4-1 要求仕様とは
  4-2 要求仕様書の作成 
   【演習2】事例を用いて要求仕様書を作成します。

※演習には【インターネット接続が可能なパソコン】を使用します。
 ご持参可能な方は是非パソコンをお持ちください。
 なお、講師が演習の解説をプロジェクターに投影し、解説いたしますので、PCをご持参いただかなくても支障はございません。