化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2019年3月15日(金)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア B1F R005  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:45,000円(税込) ※ 資料代含
             * メルマガ登録者は 40,000円(税込)
             * アカデミック価格は 25,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 三觜 優司 氏  ㈱ADEKA樹脂添加剤開発研究所 添加剤開発室 主任

セミナーの趣旨

 近年高分子材料の劣化のほとんどは酸素が介在する酸化であり、自動酸化反応と呼ばれる。
 この酸化反応によって材料の力学特性低下や変色等を引き起こし、耐久性や外観を損なうことがある。そのため、多種類のプラスチック添加剤が少量ずつ配合されており 、長寿命化や高機能化に大きく貢献している。しかし、適切な処方が施されていないと効果不十分となるだけでなく、材料に悪影響を及ぼす場合がある。例えば、酸化防止剤 /光安定剤を使用する際、添加量を誤るとブリードアウトによる外観不良や変色を引き起こす可能性がある。
 本セミナーでは、高分子材料の劣化を抑制する酸化防止剤/光安定剤の適切な選定・使用法を解説し、また高機能化に貢献する核剤や難燃剤についてもいくつか紹介する。

セミナー対象者

 プラスチック添加剤に興味のある方やお困りの方

セミナーで得られる知識

 プラスチック材料の自動酸化反応、酸化防止剤、光安定剤の作用メカニズム、添加剤の適切な選定方法(ブリード、変色について)、その他、各種添加剤の紹介

プログラム

                 ※ 適宜休憩が入ります。
1. 長寿命化
 (1) 高分子材料の酸化劣化と安定化
  a. 高分子材料の酸化劣化機構
  b. 添加剤の機能と種類
 (2) 酸化防止剤の種類と有効な使用方法
  a. フェノール系酸化防止剤、リン系酸化防止剤、硫黄系酸化防止剤の有効な使用方法
 (3) 重金属不活性化剤の種類と使用方法
 (4) 光安定剤の種類と有効な使用方法
  a. UVAの作用機構および性能比較
  b. HALSの作用機構および性能比較

2. 高機能化
 (1) ポリプロピレン向け核剤、透明化剤の紹介
  a. 高分子の結晶化と核剤の作用機構
  b. PP用核剤・透明化剤の種類と性能比較 
 

関連図書

        材料・合成技術

関連セミナー

        材 料