化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2019年2月26日(火)10:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F 会議室503  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:49,000円(税込) ※ 昼食・資料代含
             * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
             * アカデミック価格は 15,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 小原 有弘 氏
 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所、医薬基盤研究所(NIBIO)

【講師経歴】
 2002年 名古屋市立大学大学院 薬学研究科 博士課程修了
 第一化学薬品㈱に2年在籍し、薬物動態、安全性研究に従事
 2004年 国立医薬品食品衛生研究所 変異遺伝部第三室に入所し、細胞バンク事業に従事するとともに、細胞特性解析研究に従事する。
 2005年 独立行政法人 医薬基盤研究所へ異動し、現在に至る。

【所属学会】
 日本組織培養学会細胞品質管理等普及委員会委員長、医薬品等ウイルス安全性研究会幹事、生物遺伝資源委員会委員、The International Cell Line Authentication Committee メンバー

【著 書】
 『創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場』シーエムシー・リサーチ(2018年)の第1章を分担執筆
 『バイオ研究の舞台裏―細胞バンクと研究倫理』裳華房発行(2007年)他、報文、講演多数

セミナーの趣旨

 細胞培養は、基礎研究から創薬、医薬品製造、さらに細胞・再生医療等に至るまで、幅広い分野で活用されている汎用ツールです。しかしながら、細胞培養の基礎から応用まで、体系だって学ぶ機会もまた少ないように思います。特に、創薬、細胞・再生医療およびその周辺分野に他分野から参入された方々にとっては、なおさらそうではないかと思います。
 当セミナーでは、弊社「創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場」共著者のおひとりで、JCRB細胞バンクで長らく培養細胞と向き合ってこられ、一般向けのセミナーのご経験も豊富な小原有弘先生に、細胞培養のポイントを概説していただき、「創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場」の中核となる細胞の応用と産業活用についてご紹介いただきます。細胞利用の最前線の現場ならではの知見に触れることができるセミナーとなっております。皆様ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

セミナー対象者

 産業用途での細胞・組織等の利用に関心をお持ちの方
 細胞培養の最近の動向や知識をブラッシュアップしたいとお思いの方
 細胞培養に興味があり短時間でポイントを押さえて全体像を理解したい方など

セミナーで得られる知識

 細胞培養の基礎知識
 細胞培養における品質管理技術
 細胞の産業活用における今後の展望
 その他細胞利用周辺の一般的な疑問に対するソリューション等

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1 細胞培養の準備と基礎
 1.1 細胞培養の歴史
 1.2 細胞培養における課題と細胞バンク
 1.3 細胞培養のための準備
 1.4 使用する細胞の選択・細胞情報の取得
 1.5 培地の調製と注意点
 1.6 細胞の保存と管理
 1.7 細胞の輸送方法

2 細胞の品質管理
 2.1 細胞品質管理の重要性
 2.2 細菌・真菌を対象とした無菌検査
 2.3 細胞のマイコプラズマ検査
 2.4 細胞のクロスコンタミネーション検査(細胞認証)
 2.5 細胞のウイルス検査
 2.6 細胞汚染の原因と対策

3 細胞の応用と産業活用
 3.1 細胞の産業応用の現状
 3.2 タンパク質性医薬品生産のための宿主としての利用
 3.3 創薬のための医薬品の評価系としての利用
 3.4 産業規模で調製する際の課題と対応
 3.5 三次元培養の概要
 3.6 外部リソースの利用

4 質疑応答(細胞培養においてよくあるQ&A)

5 意見交換 
 

関連図書

        医薬・ヘルスケア・バイオ・食品

関連セミナー

        食品・化粧品・バイオ