化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2018年11月7日(水)13:00~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F 502会議室  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:48,000円(税込) ※ 資料代含
             * メルマガ登録者は 43,000円(税込)
             * アカデミック価格は 15,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

セミナーの趣旨

 シーエムシー・リサーチでは、2018年3月末に「熱利用技術の基礎と最新動向 ~バイナリー発電を中心に~」(著者:森 豊 氏)を発行した。当該書籍は、「刊行にあたって」において森氏が述べられている通り、「排熱を出来るだけ発生させない工夫は勿論重要であるが、発生した排熱を如何に有効に利用するかは、まさしく現在の日本にとって最重要課題の一つということができる。」という趣旨のもと、注目されつつある排熱に関するテーマ論じた。
 さて、最近、中国が日本からの廃プラスチックの輸入を取りやめる、ということが大々的に報じられた。プラスチックのリサイクルが問題になり始めた1990年代後半より、サーマルリサイクルやごみ発電の可能性が言われてきたが、十分に実現されてきたとは言えない。今回、廃プラスチックの処理が改めて注目されている機会をとらえ、「サーマルリサイクル」「ごみ発電」「廃棄物発電」について、「熱利用技術の基礎と最新動向」の著者 森 豊 氏にはサーマルリサイクルと熱利用技術及び排熱利用発電の概要の・サーマルリサイクルに関して幅広い中立的なお話を、早稲田大学 教授 関谷弘志氏には、スターリングエンジンの基礎および廃熱利用等を目的とした応用システムについて、荏原環境プラント株式会社 岡本晃靖氏には、プラント企業の立場からサーマルリサイクル・ごみ発電に関してお話いただく。

セミナー対象者

 排熱利用、熱の高効率利用、サーマルリサイクル、ごみ発電、バイナリー発電分野に関心のある技術者・研究者(初級~中級)

セミナーで得られる知識

 ・排熱利用の動向
 ・排熱利用の技術的な基礎知識
 ・排熱利用技術の最新動向
 ・サーマルリサイクル、ごみ発電の技術の基礎知識
 ・サーマルリサイクル、ごみ発電の技術の基礎知識
 ・スターリングエンジンの基礎知識
 ・スターリングエンジンの応用&最新動向
 ・サーマルリサイクル&ごみ発電の実際

プログラム

講演1.
サーマルリサイクル、熱利用技術、排熱利用発電の概要
13:00~14:25
(質疑応答含)
講 師: 森 豊 氏  森豊技術士事務所、技術士、博士(工学)
【講師略歴】  1976年 ㈱荏原製作所入社。気体機械及び関連装置の計画・設計、高効率ゴミ発電や低温排熱利用発電(バイナリー発電)の開発・設計・商用化、燃料電池(PEFC)コージェネレーションシステムの開発、商用化等に従事。
 2008年 森豊技術士事務所設立。熱利用技術などの技術支援を中心としたコンサルタントを実践。専門は流体力学・熱工学。技術士(機械部門)、博士(工学)。日本機械学会、水素エネルギー協会(HESS)、燃料電池開発情報センター(FCDIC)に所属。
【セミナー概要】  産業界におけるサーマルリサイクルや熱利用の現状と、排熱利用発電を含む熱利用技術の概要を解説する。
【講演プログラム】 1. 国内のエネルギーの状況

2. 産業の排熱の全容と.代表的産業の排熱状況

3. 産業界におけるサーマルリサイクルと熱利用技術の全容

4. 各種熱利用技術の特徴と動向
 (1) 熱から熱を得る技術
 (2) 熱から電気を得る技術

5. 熱利用技術の経済性の例

6. 熱利用技術選定のポイント

7. まとめ

 
講演2.
スターリングエンジンの基礎と廃棄物処理・熱電供給システムへの応用

14:30~15:25
(質疑応答含)
講 師: 関谷 弘志 氏
早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 教授、博士(工学)
 【講師略歴】  1980年、早稲田大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻を修了後、日産ディーゼル工業㈱に入社。1983年より 東京三洋電機㈱に入社し、スターリングエンジンやスターリング冷凍機の研究開発、また、同類の外燃機関やCAEによる空調システムの開発に従事。2005年、独立行政法人産業技術総合研究所に入所し、家庭用スターリングエンジン・コージェネレーションシステムを開発すると伴に、㈱E&E SYSTEMを起業。2007年より現職。
【セミナー概要】  多種多様な熱源を利用できるスターリングエンジンに関して、その基礎的な説明と開発状況を紹介すると伴に、特色を活かしたコージェネレーションシステム、すなわち、木質バイオマス、廃棄物、廃熱や太陽熱等の利活用による熱電供給システムの実施例について概説する。
【講演プログラム】 1.小規模発電システムの現状と開発動向

2.スターリングエンジンの基礎と開発例
 (1) 理論サイクルと基本構造
 (2) スターリングエンジン発電機

3.再生可能エネルギーを熱源とする応用システムの実施例
 (1) 廃棄物燃焼システム
 (2) 廃熱利用システム
 (3) 木質バイオマスおよび太陽熱利用システム

 
講演3.
サーマルリサイクルとごみ発電の実際(プラント企業の立場から)

15:30~16:25
(質疑応答含)
講 師: 岡本 晃靖 氏
 荏原環境プラント㈱ プロジェクト計画部
 プロジェクト計画課 担当課長
 【講師略歴】  名古屋大学分子化学工学科卒
 ㈱荏原製作所入社後,産業廃棄物焼却施設,低温排熱回収装置(バイナリー発電),木質バイオマス発電施設,海外WtEプラント,都市ごみ焼却施設の設計業務を歴任。
 現在は荏原環境プラント㈱にて,都市ごみ焼却施設の提案業務に従事。
【セミナー概要】  FIT制度導入後,都市ごみ焼却施設の発電は高効率化し,木質バイオマス発電施設は建設ラッシュを迎えています。本セミナーでは,これらの最新動向について実例を交えながら,サーマルリサイクル技術(発電および熱利用)の基礎から応用まで紹介します。
【講演プログラム】 1.木質バイオマス発電施設の排熱利用技術

2.都市ごみ焼却施設の排熱利用技術

3.発電の高効率化

4.実際の制約条件における設計

5.発電施設の最新動向