化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナーのご案内

       開催日時:2018年9月19日(水)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア ミーティングルーム5F
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21  → 会場へのアクセス 
       受 講 料:48,000円(税込) ※ 資料代含
             * メルマガ登録者は 43,000円(税込)
             * アカデミック価格は 25,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2 名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 
お申し込み受付中

申込方法

 セミナー参加のお申込は、下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお願いします。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

   FAX申込用紙PDF 
 [メルマガ登録者はこちらから]
 弊社のメルマガ登録者は、参加費が10%引きになります。メルマガ登録をされていない方で、登録をご希望の方は、メルマガ登録を行ってから、セミナー参加を、お申込ください。 → メルマガ登録ページ 
 メルマガ登録者のセミナー参加は、下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。
   FAX申込用紙PDF 
 [アカデミック価格申込者はこちらから]
   FAX申込用紙PDF 
 

講 師

 李 志東 氏
 長岡技術科学大学大学院 情報・経営システム工学専攻 教授,
 日本エネルギー経済研究所 客員研究員,
 中国国家発展改革委員会能源研究所 客員研究員

【講師経歴】
 1983年 中国人民大学卒業
 1990年 京都大学大学院博士 後期課程経済学研究科修了、経済学博士
 1990年 日本エネルギー経済研究所を入所。研究員、主任研究員、長岡技術科学大学助教授、准教授を経て、
 2007年から現職、兼日本エネルギー経済研究所客員研究員、中国国家発展改革委員会能源(エネルギー)研究所客員研究員

セミナーの趣旨

 電気自動車(EV)の最大市場であり、今後の覇者と目されている中国。中国版インダストリー4.0というべき「中国製造2025」を推進させ、「25年に世界自動車強国入り」を目指している。そのために、2019年から中国政府は新エネルギー車(NEV)比率規制とクレジット取引制度を施行する。ガソリン車からEVへのパラダイムシフト(自動車革命)を加速させ、民族系か外資系か、既存企業か新規参入者かを問わず、中国におけるEV完成車、車載用蓄電池、電池材料そして使用済み蓄電池処理等への投資がさらに増大していくと予想される。
 EVによる自動車強国の構築を目指す中国において、政府、企業、消費者そしてマーケットは今後どのように動き、世界自動車市場やエネルギー需給にどのような影響をもたらすか。長年にわたり、中国の環境問題やエネルギー問題を研究されてきた李志東先生を講師として、中国で起きている“EVシフト”を解説する。

セミナー対象者

 ① EV・電池・部材の研究者、開発者、製造担当者
 ② マーケットリサーチ担当者

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1 もはや夢でなくなったEVシフト
 1-1 IoT時代の低炭素化社会構築だからこそ可能になったパラダイムシフト
 1-2 なぜ中国が自動車革命とエネルギー革命を断行するか

2 中国の自動車革命の実践と展望
 2-1 次世代自動車の生産・販売
 2-2 民族系次世代自動車メーカー
 2-3 車載用リチウムイオン電池(LiB)
  2-3-1 LiBメーカーの動向
  2-3-2 LiB部材メーカーの動向
  2-3-3 車載用LiBの規格整備
  2-3-4 回収・利用の産業化
  2-3-5 省エネと新エネ自動車技術ロードマップ

3 中国が実践している自動車産業政策革命
 3.1 NEV普及対策の推移
 3.2 クレジット取引制度の理論モデル
 3.3 中国が世界初として導入しているNEV規制とクレジット取引関連制度の概要

4「一帯一路」低炭素共同体形成に向けたEV普及協力

付録 中国のエネルギー革命の実践と展望
 ① 再エネ開発の動向
 ② 再生可能エネルギー発電開発対策
 ③ 今後の展望:化石燃料中心⇒再エネ中心へパラダイムシフト
 

 
 
 
 
 
関連セミナー


 
関連書籍