化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ 細胞の保存/微生物・マイコプラズマ汚染/種の同定/細胞同定検査の事例など ~
取り扱いの基礎から汚染、細胞の取り違え、各種検査実施のポイントを解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年1月25日(木)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第6展示室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 国立研究開発法人 理化学研究所 バイオリソースセンター
 細胞材料開発室 ユニットリーダー  西條 薫 氏

【ご専門】
 バンク事業、品質管理

定 員

 30名

趣 旨

 細胞を取り扱う上での基礎的な知識(細胞を増やす、保存する等)、細胞バンクでの品質管理(汚染、細胞の取り違え、各種検査)等を紹介いたします。

プログラム

 1.細胞培養の基礎知識
  1.1 細胞を培養する環境・無菌操作
   ・細胞培養に適した環境
   ・細胞培養に必要な機器、管理
   ・無菌操作・火炎滅菌
  1.2 培養細胞とは
  1.3 培地、血清の選択
   ・培地の選択
   ・抗生物質
   ・増殖因子
   ・血清
   ・血清のロットチェック
   ・培地の最適化のフロー
  1.4 細胞培養における各操作上の注意点
   ・細胞を観察する
   ・細胞を継代する
   ・細胞を凍結する
   ・細胞を融解する
   ・細胞増殖曲線の作成法
  1.5 細胞の増殖が変化する要因

 2.細胞の品質管理
  2.1 細胞の保存
   ・凍結・融解時の注意点
   ・長期保存による細胞生存率の変化
   ・長期保存する場合の注意
  2.2 微生物汚染
   ・汚染の確認
   ・汚染の原因、予防
  2.3 マイコプラズマ汚染
   ・マイコプラズマについて
   ・マイコプラズマ検査(DNA染色法)
   ・マイコプラズマ検査(PCR法)
   ・マイコプラズマ検査(マイコアラート法)
  2.4 細胞の種の同定
   ・動物種検査
    アイソザイム検査
    動物種検査(PCR法)
   ・マウス系統検査(SSLP法)
   ・ヒト由来(個人同定法)検査(STR-PCR法)
  2.5 細胞同定検査の事例
   ・マウス細胞 事例1(系統が異なる)
   ・マウス細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)
   ・ヒト細胞 事例1(同一人由来細胞でも性質が異なる)
   ・ヒト細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)
  2.6 クロスコンタミネーションをおこさないためには
   ・クロスコンタミネーションの原因
   ・クロスコンタミネーションの予防

 3.品質管理された細胞の入手
  3.1 細胞バンクとは
   ・細胞バンクの概要
   ・細胞バンクで行われている培養検査・品質管理法
  3.2 細胞を入手したら
   ・細胞の入手・履歴
   ・細胞培養の記録
  3.3 論文発表をするときには
   ・細胞の入手先の記載
   ・細胞バンクからの検査書
 

 
 
 
 

関連セミナー


 
関連書籍