化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

種々のバリアフィルムの概要から設計指針、高いガスバリア性・水蒸気バリア性を付与するための技術について解説!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年1月23日(火)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 (国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門
 首席研究員 博士(工学)  蛯名武雄 氏

<ご専門>
 ナノコンポジット材料、複合材料

<学協会>
 日本化学会、日本セラミックス協会、石油学会、日本粘土学会

定 員

 30名

習得できる知識

 ・有機ELに要求されるバリア性
 ・各社バリアフィルムの開発動向
 ・バリアフィルムのコスト
 ・さらなるハイバリアフィルム開発のための設計指針
 ・水蒸気バリア性の評価法
 ・粘土とは何か。なぜ粘土の添加がバリア性を生み出すか。
 ・粘土を主成分とするフィルムのバリア性
 ・粘土を主成分とするフィルムの開発動向

趣 旨

 粘土などの平板状ナノフィラーをプラスチックに混合し、フィルムに平行に配向させることによって高いガスバリア性フィルムを開発することができる。本講演では、種々のバリアフィルムの解説・設計指針を紹介するとともに、粘土などのナノフィラーの紹介と、高いガスバリア性・水蒸気バリア性を付与するための技術について解説する。

プログラム

1.バリアフィルムの開発動向
  1-1.バリアフィルムの要求性能
    ・各製品で要求されるガスバリア値
  1-2.各社バリアフィルムの開発状況
    ・バリア材の構造
    ・バリア性フィルム市場
    ・各種高分子フィルムのバリア性
    ・各種透明蒸着フィルムのバリア性
    ・多積層バリア
    ・各社バリアフィルム開発状況
    ・さらなるハイバリアに向けた設計指針

2.水蒸気バリア性の評価

3.粘土膜の製造
  3-1.粘土と成膜性
  3-2.製膜プロセス
  3-3.特性
  3-4.応用例
  3-5.産業化スキーム
 

 
 
 
 

関連セミナー


 
関連書籍