化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

~ ポリマーアロイの構造は何が決めているのか?リアクティブブレンドの効果は?界面の制御は? ~
目的の物性を得るために欠かせない構造制御技術の基礎について、具体的な手法のいくつかを示して詳解!!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2018年1月22日(月)12:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)

講 師

 東京工業大学 物質理工学院 教授 工学博士  扇澤敏明 氏

<ご専門>
 高分子物性、ポリマーアロイ

<学協会等>
 高分子学会、日本接着学会、プラスチック成形加工学会、繊維学会、アメリカ物理学会

定 員

 30名

必要な予備知識

 ・大学2年程度の物理化学(熱力学)。
 ・大学2~3年度程度の高分子科学。

習得できる知識

 ・混合物の熱力学
 ・相分離構造の形成過程
 ・相分離構造制御技術
 ・混合系界面の構造と材料物性との関係

趣 旨

 高性能・高機能な高分子材料を得るためには、混合・複合化が欠かせない。混合系では構造が物性を支配していることから、その制御が中心課題となる。ここでは、まず物性と構造との関係を簡単に触れ、相分離構造制御の重要性を示した上で、相溶性や相分離構造形成メカニズムといった構造制御を行う上で基本的な概念を説明する。そして、それらの知見を基に、目的の物性を得るために欠かせない構造制御技術の基礎について、具体的な手法のいくつかを示して、概説する。
 また、相分離構造において重要な異種高分子間界面の構造と材料物性についても言及する。

プログラム

1.ポリマーアロイとは?
  1-1.定義(相溶性と相容性)
  1-2.具体的事例(構造-物性相関)
  1-3.相分離構造制御の重要性

2.ポリマーブレンドの相溶性と構造制御との関係
  2-1.相図とその熱力学(混ざる混ざらないは何が決めているのか)
  2-2.相溶性向上について(相互作用)
  2-3.相図の測定法
  2-4.圧力・流動場の影響(成形加工との関係)

3.相分離機構と構造
  3-1.スピノーダル分解と核生成・成長と構造
  3-2.反応誘起型相分解と構造制御

4.相分離構造制御
  4-1.相分離構造と材料物性(どんな構造が効果的か?)
  4-2.分散粒子径の決定因子
  4-3.分散粒子の微細化機構
  4-4.リアクティブブレンド

5.ポリマーアロイ界面のナノ構造解析と材料物性
  5-1.界面の熱力学
  5-2.界面の構造解析
  5-3.反応系高分子-高分子界面
  5-4.界面構造と接着性