化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ 今まで専門とされなかった方に最適な講座! トライボロジーを基礎から理解し、実務に活かす!

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2017年10月23日(月)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第2会議室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、昼食・資料付)

講 師

 東京工業大学名誉教授 工学博士  益子正文 氏

定 員

 30名

趣 旨

 二酸化炭素ガス排出量削減に直接関わる技術として、潤滑・摩擦低減に関わる「トライボロジー技術」は欠くことのできない基盤技術です。ところが、企業に入り潤滑技術に携わるようになった技術者でも、在学中にトライボロジー、あるいは潤滑の系統だった講義を受講した経験者は極めて少ないのが現状です。
 技術者の出身学科を問わず理解してもらえるような基礎を理解させることに重点を置いた講義とします。

プログラム

1.固体の摩擦
 (1) 固体の接触
 (2) マクロな接触とミクロな接触
 (3) 摩擦の経験則
 (4) 摩擦係数は何で決まるか
 (5) 異常な高摩擦はなぜ起こるのか

2.潤滑による摩擦の低減と制御
 (1) 潤滑領域の区別(流体潤滑,弾性流体潤滑,境界潤滑)
 (2) 流体潤滑の限界 -流体潤滑から境界潤滑へー
 (3) ストライベック線図と油膜パラメータ
 (4) 分子の吸着と境界潤滑
 (5) どうすれば固体の摩擦は下がるのか
 (6) 穏やかな条件下の潤滑と厳しい条件下の潤滑の違い
 (7) 極圧潤滑とトライボケミストリー

3.潤滑油・潤滑添加剤の働き
 (1) 潤滑剤とはどのような物質なのか
 (2) 潤滑油に要求される重要な特性
 (3) 潤滑剤の性能を決める潤滑添加剤の代表例とその作用機構
 (4) 摩耗の分類

【質疑応答・名刺交換】