化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

☆ 若手・初学者に最適な講座! インピーダンス測定の仕組みから、電池解析の応用までわかりやすく解説します!

R&D支援センターセミナーのご案内

       開催日時:2017年6月23日(金)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
                → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込、資料付)
            お申し込み受付中

申込方法

 下記のカートへの投入、あるいはFAX用紙にてお申込ください。折り返し、聴講券、会場地図、請求書を送付いたします。

 FAX申込用紙PDF 

講 師

 東京理科大学 理工学部工業化学科 専任講師 博士(工学) 四反田 功 氏

【ご専門】
 電気分析化学

定 員

 30名

趣 旨

 電気化学インピーダンス法は,交流電位もしくは交流電流信号を用いることで,電極構造や電極反応を詳細に評価することができる手法です.電気化学インピーダンスでは,インピーダンスの時定数を分離することができるため,電極構造や電極特性を非破壊にて調べることができます.このため,電池・センサ・腐食防食など様々な分野で応用されています.
 本セミナーでは,交流信号解析の基礎から,リチウムイオン二次電池の解析への活用までを扱います.「電気化学インピーダンスを使うと電池材料特性の何がわかるのか?」という視点から基礎および最近の研究の状況や話題を解説いたします.
 ぜひご参加ください.

プログラム

1.電気化学インピーダンス法の基礎
 1)電気化学インピーダンス法の定義
 2)電気化学インピーダンス法を理解するための数学(複素平面)
 3)電気化学反応と電気化学インピーダンスの関係
 4)測定に用いられる電極,電気化学セル
 5)測定装置(ポテンシオスタット,FRA)

2.電気化学インピーダンススペクトルの取り扱い
 1)回路素子(抵抗・コンデンサ・コイル)を用いた
   電気化学インピーダンススペクトルの解釈
 2)抵抗のインピーダンススペクトル
 3)コンデンサのインピーダンススペクトル
 4)コイルのインピーダンススペクトル
 5)インピーダンスの合成
 6)CPEを含む等価回路
 7)拡散のインピーダンス
 8)等価回路の組み方

3.リチウムイオン二次電池への応用
 1)リチウムイオン二次電池へ電気化学インピーダンス法を適用すると何がわかるのか
 2)リチウムイオン二次電池の典型的なスペクトル
 3)等価回路による解釈の例
 4)最新の研究動向
 5)参照極を導入した正・負極分離解析

 【質疑応答・名刺交換】
 
 
 
 

関連セミナー


     
    関連書籍