化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナー

       開催日時:2017年5月12日(金)10:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       受 講 料:49,000円(税込) ※ 資料代・昼食代含
             * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
             * アカデミック価格は 35,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 

講 師

 野々村 美宗 氏
 山形大学大学院 理工学研究科 バイオ化学工学専攻 教授

【講師経歴】
 花王㈱入社。化粧料、身体洗浄料の商品開発研究に従事。
 2007年より山形大学大学院理工学研究科准教授、2017年より教授。

【活動内容】
 ■ 研究概要: 界面科学、化粧品学、エマルション製剤・触感に着目した材料の開発
 ■ 所属学会: 日本化学会、日本物理学会、日本油化学会、色材協会、日本化粧品技術者会
 ■ 著書: 『化粧品 医薬部外品 医薬品のための界面化学』フレグランスジャーナル社(2015年)

セミナーの趣旨

 官能評価は食品・衣料・化粧品から自動車・情報機器・ロボット・まであらゆる商品開発の現場で使われる必須のツールです。しかし、使用者の感じた感覚を正確に評価し、商品設計やマーケッティングに結び付けるのは難しいものです。このセミナーでは、化粧品開発の現場においてアンケートを設計、得られたデータを解析し、商品設計の基本になる物性値に結び付ける方法を、具体例を交えて説明します。

セミナー対象者

 化粧品・食品・医薬品・化学品およびその原料メーカーに勤務する研究者・技術者。基礎からわかりやすく解説しますので、予備知識は不要です。

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1.官能評価とは?
2.官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール
3.官能評価用質問紙の作り方
4.官能評価データの解析
5.感覚に関する機器分析の一般的な考え方
6.手触り・触感のメカニズムと定量化技術の最新動向
 
 
 
 
 
関連セミナー


 
関連書籍