化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

CMCリサーチセミナー

       開催日時:2017年4月25日(火)13:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 503会議室  → 会場へのアクセス 
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
       参 加 費:49,000円(税込) ※ 資料代含
             * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
             * アカデミック価格は 25,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。
 

セミナーの趣旨

 東京都の豊洲市場の施設下の空間の大気から国の指針値を超える水銀が検出された。また、近年、水銀などを含む有害廃棄物への規制等が国内外で強化され、その対応が大きな課題となっている。
 本セミナーでは、具体的な各種水銀の除去処理・回収・リサイクル技術などについて、ご活躍中の講師陣に詳説頂く。

セミナー対象者

 排ガス、排水中の水銀除去に興味のある方

プログラム

講演1.水銀含有廃棄物の取扱いと処理 野村興産㈱
代表取締役社長 藤原 悌 氏  13:30~14:50(質疑含)
【講師経歴】
 1985年 野村興産㈱入社イトムカ鉱業所勤務。国庫補助事業として㈶クリ-ン・ジャパン・センタ-と共同で建設した水銀含有廃棄物再資源化実証プラントや蛍光灯リサイクル工場、水銀汚泥処理工場等の現場責任者を10年程経験後、企画設計施工管理を行う生産技術課長に就任
 2007年 本社技術部次長
 2011年 イトムカ鉱業所長
 2013年 常務取締役技術部長兼務
 2014年 代表取締役社長

【概 要】
 水俣条約を担保するために廃棄物処理法や大気汚染防止法の改正、及び水銀汚染防止法が公布された。水銀の処理方法の他、今後の水銀廃棄物取扱いや課題について説明する。
 1 水銀の化学
 2 水銀用途
 3 水銀の処理技術
 4 水銀廃棄物規制と今後の課題


 
講演2.大気・排水中の環境対策における水銀除去技術 ダイソーエンジニアリング㈱
常務取締役 菅 伸治 氏  15:00~16:20(質疑含)
【講師経歴】
 1984年 京都大学大学院工学研究科修了、同年大阪曹達㈱(現大阪ソーダ)入社
 2013年 ダイソーエンジニアリング㈱に出向
【活 動】
 2013年10月開催の水俣会議のポスターに出展して、弊社の水銀除去技術をプレゼンした。この時に大気汚染防止に対するニーズを実感した。以来、改正大気汚染防止法の審議状況をウォッチすると共に同法への対応策の検討を開始した。

【概 要】
 当社が親会社より引き継いだ気相または液相中の水銀除去技術を環境対策や有用物のリサイクルに展開した実例を説明する。併せて改正大気汚染防止法に対応するためのアイデアを紹介して、 受講者の理解を深める。

 1 ソーダ工業における水銀除去のルーツ
 2 工場排ガス中の水銀除去装置
 3 工場排水中の水銀除去装置
 4 改正大気汚染防止法への対応と今後の展望


 
 
 
 
 
関連セミナー


     
    関連書籍