化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

 ~ 電極の粒子充填構造と液移動性に基づき ~

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2015年10月27日(火)12:30~16:30
       会  場:商工情報センター(カメリアプラザ)9F 研修室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込) ※ 資料付
       定  員:30名

習得できる知識

 異形・粒度分布のある微粒子調製方法と不均一充填構造の表現方法、および塗膜内の液移動特性と充放電特性との関係を定量的に把握する技術

セミナーの趣旨

 リチュウムイオン電池の充放電特性を高めるために、電極の粒子充填構造を調整し、電解液の透過・浸透特性を向上できる塗膜原料微粒子の最適調製原理を系統的に説明する。

講 師

微粒子化学工学研究所 代表 工学博士 M.Sc 篠原 邦夫
<ご活躍>
北海道大学・名誉教授
オセアニア&タイ大学・前客員教授・客員科学者
粉体工学会・元理事
化学工学会粒子流体プロセス部会・元副部会長
粒子工学国際シンポジュウムNEPTIS9・ゲストオーガナイザー
製剤粒子プロセス国際会議PPPI3・組織委員
ホソカワ粉体工学振興財団・KONA賞受賞
先端材料技術国際会議ICMAT・ベストポスター賞受賞

プログラム

1.微粒子物性の調整
  1-1.粒度分布
  1-2 粒子形状

2.粒子充填構造の表現
  2-1 空隙率分布
  2-2 空孔径分布

3.電極特性の向上
  3-1 液透過性
  3-2 液浸透性
  3-3 充・放電特性

【質疑応答】