化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2015年9月28日(月)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第6展示室  → 会場へのアクセス 
       参 加 費:49,980円(税込) ※ 昼食・資料付
       定  員:30名

セミナーの趣旨

 リチウムイオン電池は携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラなどの携帯機器から、電動アシスト自転車、電動工具さらにはロボットや医療機器まで、現代社会のパワーインフラとして定着した。さらに2015年を転機として、電気自動車EVと同PHVが本格的な増加フェーズに入った。住宅用の据置畜電システムや、電力系統連系の大型リチウムイオン電池も、災害対応や再生可能エネルギーの導入に伴って増加している。
 これらのリチウムイオン電池は寿命を終えて、回収やリサイクルのステップに至る。これまでは関係業界内で、特定の有価物の回収を主目的にクローズドシステムの中で実施されてきた。小中型機器の電池は寿命も2,3年で、機器の回収もそれほどの負担はなかった。
 今後の数年で大型電池の生産と使用が急増し、比較的長期5~15年の寿命を終えて、回収電池が溢れ出す事態が予想される。法的には国内は「資源有効利用促進法」、グローバルにはEU指令のWEEEや同電池指令が存在するが、それを実際に機能させるには、回収ルール、無害化と物理化学的な処理を組み合わせた、リサイクルシステムの技術の確立が不可欠である。
 今回のセミナーは、第一部で本テーマの原理原則的な課題を解説し、第二部では有価物質の回収の実務の実績と問題点を、第三部では国の3R政策や関連する国際動向を扱う。リチウムイオン電池の原材料と電池メーカー、応用機器のメーカーやユーザーのビジネス戦略の一助となることを期待したい。

講 師

第1部 関西大学 名誉教授 工学博士 芝田 隼次 氏
【専門】
資源循環工学、分離工学、界面化学など
【略歴】
元環境都市工学部教授、現在関西大学非常勤講師、大阪大学非常勤講師など
資源素材学会元副会長、環境資源工学会元会長、日本溶媒抽出学会元会長など

第2部 ユミコアジャパン(株) 貴金属・バッテリーリサイクル セールス&マーケティング マネージャー 松島 緯央 氏

第3部 泉化研㈱ 代表 菅原 秀一 氏
【略歴】
1972~2000年 呉羽化学工業㈱ 機能材料部技術担当部長
2000~2005年 三井物産㈱ 無機化学本部PM
2005~2009年 エナックス㈱ 米澤研究所PM
2005~2009年 NEDO系統連系蓄電池システム研究PM

プログラム

第1部 リチウムイオン電池の処理技術とプロセス設計

1.リチウムイオン電池の処理技術の概要
  1-1 リチウムイオン電池の用途と需要動向
  1-2 リチウムイオン電池の正極剤の変化と対応の仕方
2.溶媒抽出法の特徴
  2-1 抽出工程と剥離工程
  2-2 どうして分離と濃縮が起こるか? 
  2-3 どのような装置が使われるか?
3.リチウムイオン電池の処理への分離技術の適用
  3-1 電池の前処理、焼成、粉砕、分級など
  3-2 ふるい下産物の酸溶解
  3-3 溶解液からのレアメタルの分離
  3-4 リチウムの回収法
  3-5 装置設計法

第2部 ユミコア社におけるLIB/Ni-MHリサイクル

1.ユミコアとは?
2.UHT炉を用いたリチウムイオン電池・ニッケル水素電池のリサイクルについて
3.DVDによるホボケン工場紹介
4.xEV用の電池パック・ディスマントリングについて

第3部 リチウムイオン電池の3R政策の現状と動向 ~回収・リサイクルと再資源化~

1.回収リチウムイオン電池の総量と化学物質
  ・電池の総容量と化学原材料などの所要量
  ・電池容量MWh当りの素原料(Co、Ni、Liほか)
2.EVなどの生産台数と電池総数MWh、現状と10年モデル
  ・電動自動車の生産、販売台数
  ・リチウムイオン電池の総MWh数、
  ・EV搭載電池の流れ
  ・最近のEVの性能と電池仕様
3.回収・リサイクル電池の発生ステップ
  ・製造のステップと産廃の発生ポイント
  ・正常なロス、異常なロス
  ・EVなど大型セルの再利用
4.充放電特性と電池回収へのステップ
  ・サイクル劣化(寿命)と放電容量維持率
  ・サイクル劣化のモデルと寿命推定
  ・EV実車の寿命実績と予測2014)
5.大型リチウムイオン電池の処理事例
  ・放電処理、フッ酸の処理、電解液の処理
  ・処理事例(安全性試験セルの無害化処理)
6.電池(セル)に含まれる化学物質と国内外の法規制
  ・総論原材料>電池(セル)>回収電池
  ・化学物質一覧と国内法の規定およびMSDS、PRTR
  ・可燃性電解液と消防法の関連(類の規定と指定数量)
7.電池の回収とリサイクルに関する法規制とガイドライン
  ・資源有効利用促進法(3R)ほか関係法令
  ・EU指令(RoHS、WEEE、電池指令とREACH)
  ・回収・廃棄とリサイクルに関する表示(マーキング)
  ・電池応用製品ごとの対応と回収実績(国内)

スケジュール

  10:30~12:00 第1部
        ↓
  12:00~12:50 昼食
        ↓
  12:50~13:50 第2部
        ↓
  13:50~14:00 休憩
        ↓
  14:00~16:30 第3部