化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

S&T出版セミナー

       開催日時:2015年9月28日(月)13:00~16:30
       会  場:高橋ビルヂング(東宝土地(株)) 3F 会議室  → 会場へのアクセス 
            東京都千代田区神田神保町3-2 
       参 加 費:40,000円+消費税  ※ 資料代を含む
            お申し込み受付中

講 師

 鳶島(とびしま) 真一 氏 / 群馬大学 理工学府 環境創生部門 教授

趣 旨

 リチウムイオン電池はモバイル機器のみならず電気自動車、電力貯蔵装置等、今後飛躍的に市場が拡大されるとの経済予想がある。電池の高性能化を目指した研究 開発が世界で盛んに行われている。一方で工業製品としての信頼性の向上が求められている。電解液は電池のエネルギー、電流取得特性等の性能のみならず性能劣化や安全性等の電池の信頼性に密接に関連する重要な電池構成材料である。
 本講演ではリチウムイオン電池の電解液設計指針と電池の安全性の基礎、現状と課題、安全性向上対策等について概説し高性能電池開発の助としたい。

プログラム詳細

1. リチウム電池用電解液に要求される基本特性

2. 電解液の種類と材料技術マップ

3. 電解液と電池構成材料の相互作用

4. 電解液の安定性と電池の安全性

5. 電解液添加剤の種類と機能
 5.1 電解液添加剤によるイオン伝導度への効果
 5.2 電解液添加剤による安定性への作用効果
 5.3 負極表面処理添加剤
  5.3.1 負極表面処理
  5.3.2 高電圧リチウム電池用電解液
 5.4 正極表面修飾添加剤
  5.4.1 電解液添加剤の酸化分解による影響
  5.4.2 充放電特性の改善
 5.5 電解液の難燃性向上策
 5.6 過充電防止剤
  5.6.1 既存の過充電防止剤の問題点
  5.6.2 アリルアダマンタンの過充電防止剤特性

6. リチウム電池の安全性概要

7. リチウムイオン電池が非安全になる機構

8. 安全性向上の取り組み、対策

9. 市販リチウムイオン電池の市場トラブルの例

10. リチウム電池の安全性評価方法
 10.1 モバイル機器用電池
 10.2 車載用電池
 10.3 電力貯蔵用電池

11. 電池特性評価ビジネス

12. まとめと今後の展望