化学品の市場調査、研究開発の支援、マーケット情報の出版

R&D支援センターセミナー

       開催日時:2015年8月21日(金)10:30~16:30
       会  場:江東区産業会館 第6展示室 → 会場へのアクセス
       参 加 費:49,980円(税込) ※ 昼食・資料付
       定  員:30名
 

セミナーの趣旨

 乳化重合・懸濁重合法は、~nmから~μmの広範囲にわたる、さまざまな機能性を持つ高分子微粒子を合成することができる。ひとくちに乳化重合といっても、その範疇にはいくつかの重合法が含まれていて、それぞれの製法によって異なる微粒子が生まれる。在来の汎用製品製造技術からさらに飛躍して、これからの社会の変貌にこたえるには、「微粒子をつくる」原点に戻って、あらたな市場に高度化した高分子微粒子を供給する必要がある。奔放な発想の支えとなる、基礎事項、情報を提供したい。

※受講者には講師の研究メモワール「SPG膜乳化法による高分子微粒子の合成と応用(A4、300頁)」をプレゼントします。

講 師

東京農工大学 名誉教授 工学博士 尾見 信三

【ご専門】化学工学、反応工学、高分子微粒子の合成と応用
【学協会】高分子学会、化学工学会

プログラム

1.序論:高分子微粒子

2.乳化重合による高分子微粒子の合成
  2-1.古典的な乳化重合反応機構(Harkinsの理論)
    2-1-1.マイクロエマルション重合
    2-1-2.ミニエマルション重合
    2-1-3.逆相乳化重合
  2-2.水相核発生説
    2-2-1.ソープレス乳化重合
    2-2-2.非水系分散重合
    2-2-3.沈殿重合
  2-3.反応速度論の基礎
    2-3-1.乳化重合反応の挙動
    2-3-2.重合体粒子1個あたりのラジカル数
    2-3-3.重合体粒子内のモノマー濃度[Mp]
    2-3-4.ポリマーの平均重合度
    2-3-5.重合体粒子数 N の予測

3.懸濁重合法による高分子微粒子の合成
  3-1.懸濁重合の反応挙動
  3-2.ポリマーの平均重合度
  3-3.液滴分散系の工学
  3-4.液滴径をそろえる
  3-5.独自のデバイスを用いる単分散液滴の調製
     ・SPG膜、マイクロチャネル、その他

4.高分子微粒子の合成と応用
  4-1.高分子微粒子に付与できる機能
  4-2.高分子微粒子の複合化
    4-2-1.多様な粒子モルフォロジー
    4-2-2.複合化粒子のモルフォロジーの実例
    4-2-3.モルフォロジーを支配する要因
  4-3.高分子微粒子への官能基の導入
  4-4.有機・無機複合粒子
  4-5.多孔質粒子の合成法
  4-6.中空粒子の合成法

5.まとめ